巡礼の心得・参拝方法

巡礼の心得

巡礼写真

 巡礼・遍路の旅は、一とき一ときを大切にします。まず巡礼できる幸せを感謝しなければなりません。道中のいろいろな出来事は、すべて観音様のはからいであると感じ、ひたすら感謝の合掌で受けとらねばなりません。
 そうすることによって、この巡礼・遍路の旅はありがたい、なごやかな、あとあじのよい旅となります。同行の人にはもちろんのこと、道中でいきあう人々にも親切にし、自分よりも先に同行の人、道中の人に喜びを与えるのです。まったくの他人でも、めぐりめぐって出あったご縁の
深い人ばかりなのです。
 霊場ではひたすらご本尊に読経し、心身の不浄を洗い清め、観音様から、人々に慕われ、喜びを与える人徳を授けていただくのです。
 そして次のことに留意するのです。
 第一 に観世音菩薩の御名を唱える。そして修行の心を忘れない。生物を殺さない。保健薬を持つ。口論しない。不必要な荷物は持たない。飲食物に注意する。難所の参拝には、体の弱い人に丈夫な人が力添えをして、全員が登拝する。安眠が大切で、就寝ははやめにする。団体での朱印のなつ印は一括まとめて代表者が受け各人は勤行に専心する。
  そして忘れてならないことは、霊場には、いろんな文化財や大切なものがたくさんあるので、文化財の保護や、火の用心のことであり、先達の指示には素直にしたがって行動することです。

(第三十三番別当 庭崎孝賢記)

参拝方法

  1. 霊場へ入ったら、まず水屋で口をすすぎ、手を洗う。
  2. 鐘楼て鐘を撞く。(自由に撞けるところのみ、参拝後は戻り鐘になるので絶対撞かない)
  3. 本堂向拝で所定の箱に納札、写経を納める。
  4. お灯明、線香、そして賽銭をあげる。
  5. ご本尊を念じ、合掌し読経。(心経、観音経、十句観音経、本尊名号、回向文など)
  6. 納経所で所定の納経料を支払い、納経帖、軸、おいずるなどに納経朱印をしてもらう。
  7. 巡拝中いやなこと、苦しいこと、くやしいこと、悲しいことなどいろいろあるが、これはすべて観世音のはからいと感じ、ひたすら合掌の気持で有難く受けること。また同行はもとより、道中いきあう人にも親切にする。

ページトップヘ▲